野球

ブックメーカーは日本のプロ野球も対応している

ブックメーカーは日本では認められていませんが、海外では認められている国も多く様々な事象を賭けの対象にしています。

そして、日本のプロ野球の試合も賭けの対象となっているため、国内のプロ野球ファンはブックメーカーを利用することによって野球の試合にも賭けることができます。

インターネットが世界中に普及をした現在では、国の境界線というのもなくなりましたからブックメーカーがどこの国にあっても、儲かると判断すればなんでも賭けの対象になるのでプロ野球もその対象のひとつとなっています。

そのため、ブックメーカーもできるだけ現地の人間が参加をしやすいように努力をしていて、完全に日本語に対応をしている業者も数多く登場しているため、賭け事が禁止されている国内でも気軽に野球の試合に賭けて楽しむことができるのです。

語学力がなくても簡単に利用をすることができるので、野球ファンの人はブックメーカーに挑戦をしてみるというのも良いでしょう。

ブックメーカーのプロ野球での賭け方とは

野球のタイム

ブックメーカーでは、日本のプロ野球の試合に賭けることができます。 その方法としては、単純に勝敗を予測することとハンデを付けた上での勝敗予測、あるいは両チームの合計得点などがあります。 そして大きな特徴として、試合が始まってからでもエントリーすることができることが挙げられます。

単純に勝敗を予測する場合には、調子の良いチームに賭けることで勝つ確率は高まります。 あるいはハンデをつけての賭けの場合、負けているチームは総力をあげて試合のに臨むので、勝つ可能性は高くなります。 そのような予測を立てるのも楽しいものですが、ブックメーカーは試合の展開によってエントリーすることができるので有利にエントリーすることが可能です。 またブックメーカーによって提示するオッズも異なるので、その違いを利用した戦略を立てることも可能です。 つまり両方のチームにエントリーも配当金が受け取れるようにエントリーすることができるということです。 いわゆるリスクヘッジができるというわけです。

先発ピッチャーの影響力

ピッチャーの影響力

チームがどんなに連敗していて不調でも、リーグを代表するようなエースが先発する場合、たとえ相手チームが連勝中で絶好調でもオッズは低くなります。

プロ野球とは、それほど先発ピッチャーが試合に与える影響が大きいのでしょう。4番バッターが怪我で欠場しても、先発ピッチャーほどオッズに影響は与えません。

プロ野球の勝敗予想をする場合は、先発ピッチャーの能力が近い場合ほど、難しく感じるでしょう。調子や過去の対戦成績などを参考にしますが、ドラフト1位のピッチャーが先発の場合は、過去データもありません。

そのピッチャーが最終的に新人王をとるような能力の場合は、シーズン終盤になって、やっと本来のオッズに近くなります、シーズン当初は、新人ピッチャーのオッズは比較的高めになっています。